男が好きな物

ワンクリック詐欺とその対処方法について

昨年からニュースなどで何回か報道されており、もう聞いたこと無い人はいないかもしれませんが、アダルトサイトを見るときはワンクリック詐欺に注意しなければなりません。最近ではアダルトサイトだけではなく、得に携帯の出会い系サイトに最も多いようです。
警視庁のホームページで詳しく手口などの新しい情報が公開されており、インターネットユーザーに注意を呼びかけています。

ワンクリック詐欺の手口について

クリックすると、その動画や画像が無料で見れるような魅力的リンクを貼ってあり、クリックしてしまうとユーザーのIPアドレス、リモートホスト、ブラウザ、OS情報等を表示させ、さも自動で登録してしまったかのように見せかけます。
その際に、規約、契約文、振込先情報なども記載し、期間以内に振り込まないと利息金や罰則金を請求すると脅し、ユーザーは驚いて振り込んでしまいます。

ワンクリック詐欺に会った場合の対策

もしワンクリック詐欺に引っかかってしまったら、対策としては、無視!完全無視あるのみです。例えばIPアドレスやリモートホスト情報を取得されても、あなたの個人情報(メールアドレスや名前)がワンクリック業者に漏れることはまずありません。無視してもあなたに請求が来ることはありませんので、無視しましょう。
しかし、中にはあなたの情報を得るために、フォームなどを用意して、あなたの個人情報を集める仕組みになっているサイトもあります。ここまでしてあなたの情報集めに必死になっているのです。
笑ってあげましょうw IPアドレス等だけではアナタの情報を得ることができないという証拠にもなるでしょう。絶対に個人情報を入力してはいけません。入力すると、後から電話、Eメール、手紙等で請求書を送ってくる場合があります。
もし個人情報を入力してしまったり、どこか他の場所からアナタの情報がもれて請求書がきてしまったらどうしたらいいのでしょうか?
基本的にはこのような請求も無視して構いません。しかし、それがもし裁判所からきていたら、必ず異議申し立てを行わないといけません。悪徳業者の中には、わざわざ裁判所を通して架空請求を送る業者もあります。
その場合は無視していると本当に支払わないといけなくなります。もし裁判所から請求がきたら、消費者センターや警察に相談して、異議申し立てを行いましょう。申請すれば支払う必要はなくなります。
基本的に、もし見に覚えのない請求がきて、不安な場合は消費者センターへ相談するのをオススメします。
最近では警察の目も機微s区なっており、もうワンクリック詐欺をおこなっている業者を見るのは少なくなってきました。アダルトサイトを探検していても、ワンクリック詐欺に会う機会はそう多くないでしょう。
しかし、世の中から詐欺は無くならないもので、代わりに2クリック詐欺や3クリック詐欺という新手の詐欺がでてきています。ツークリック詐欺は、法的にもまだ違法では無いため、支払わなければならない可能性もあります。


同ジャンル・関連ページ